スタッフブログ
STAFF BLOG

現場レポート

新人現場監督やまもとの現場日誌 No.35
豊岡町の家 お引渡し

今回は

豊岡町の家 お引渡し」について

書いていこうと思います!

 

先日、四国中央市豊岡町の現場にて

お引渡しが行われました!

 

まずお引渡し前に、

竣工写真撮影が行われます!

 

完成したお家を

プロのカメラマンさんに

撮影をご依頼しています!

撮影していただいた写真は

後日、施工事例としてUPされますので

お楽しみに!


そのあと

お引渡しに!

 

少しだけ完成したお家を

紹介させていただきます!

 

〇外観

主にガルデ塗仕上げで

一部板張り(エコウッドトリートメント塗布)

屋根はガルバリウム鋼板になっています!

〇内観

・リビング

南側の大きい窓によって

太陽の光を取り入れ

解放感のある明るいリビングに

・キッチン

お施主様のこだわりが詰まったキッチン

 

家具屋さんの造作キッチンに

お施主様こだわりのペンダントライトが映えます!

奥には

畳コーナーがあり、

窓が額縁のように

風景を切り取っています!

 

豊岡の家は、南側に山が連なり

北側には、海を眺めることが出来る

とても良いロケーションになっているので

窓から見える風景が

1つ1つ絵画のように見えます!


いよいよお引渡しの時・・・

お家についての説明が行われ、

お引渡しされました!

 

Y様、竣工おめでとうございます!

 

お引渡しすると終了ではなく

終了してからが

長いお付き合いとなります!

 

これから

メンテナンス等でお会いすることが

あると思いますので

今後ともよろしくお願い致します!

 

最後に

お手土産もいただき

工事中をはじめ

温かい心遣いありがとうございました!

これから

新しいお家で快適な空間で

ご家族での思い出をたくさん作っていってください!

 

 

 

 

 

 

2019年11月09日現場レポート| 投稿者:やまもとようじやまもとようじ

国際パッシブハウス・オープンデー2019

こんにちは

今年も 国際パッシブハウス・オープンデー2019

が開催されてます

 

 

 

 

世界中のパッシブハウスがお披露目される

という大イベントです

アーキテクト工房Pureでも

松前パッシブハウス大間の家を会場として

今日と明日の2日間 開催いたします

 

 

 

今日は初日

 

なんだかんだと準備をしていたら

・・・汗をかいてしまいました

これでは 来られたお客様が大変だと思い

窓を開けて お迎えしたのですが

時間が経つごとに またポカポカ

 

 

 

もう11月 おまけに無暖房だというのに

「暖かい」次元をすっかり超えてしまっています

 

断熱・気密性能

プラス

壁の中に施されて土壁の蓄熱パワー

がこの冬も大活躍してくれることは

間違えなしみたいです

 

 

 

明日

ご予約頂いておりますお客様

お待ちいたしております

 

 

 

 

2019年11月09日現場レポート| 投稿者:たかおかたかおか

実習生かがわの体験レポートNo.14

先日の「三匹の子豚」はちょっと断熱の家の成り立ちには不正確でしたので、もう少し歴史を織り交ぜた話を作ってみました。題して「Historical三匹のECO豚」

多少昔の話。四国生まれの三匹の子豚は小麦食べ放題を夢見て北海道に移住することにしました。

夏に移住した子豚は深く考えず四国と同じように木造住宅を建てました。

冬になると吐く息も凍る北海道。子豚は家の中で震えていました。

「どれだけストーブ炊いてもあったまらないよう」

「これでは寒すぎる。とにかくあったかい家になるようにしよう」

子豚は木造住宅の壁を厚くし、窓も二重にし、外気と室温の間でうまく断熱できるよう、がんばりました。

あったかくした空気も外に逃がさないよう気密にも気を配りました。

なんとかあったかい家ができたので安心したのもつかの間、今度は家の柱も壁も腐ってきました。

「なにがおこったの?」

「外気は冷たい、中はあったかい、柱は片面あったかくて片面冷やされる。湿気がうまく逃げないとまずいよ」

「通気性について研究しないといけないね」

子豚は小麦のことはどこへやら、快適な家をつくることに没頭しました。

そしてできた断熱、気密、換気がそろったこだわりの家。

快適さの追求だったのに、実はECOにもなっていた。そんなことから子豚はいつしかECO豚とよばれその家はみんなの羨望の的となりました。

 

ーーー

エコハウスの成り立ちは換気→気密→断熱ではなく、まず断熱から考えられ、その後気密、換気と検討された模様です。

 

 

 

2019年11月08日現場レポート| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure

新人現場監督やまもとの現場日誌 No.34
西条古川の家 上棟

今回は

「西条古川の家 上棟」について

書いていこうと思います!

 

先日、西条市古川の現場にて

上棟が行われました!

 

Y様 上棟おめでとうございます!

今回は、

前回の上棟ブログで行わなかった

気密シートの先張りについて

紹介していきたいと思います!

 

気密シートの先張り

一部、梁と桁が接する場所は、

先張りシートを行わないと

その面は、気密層にはなりません。

気密を取るために

後に気密テープ等で行うこともできますが

やはり接している面は

気密層にならないため

弱点となってしまう可能性も・・・・

 

 

家の弱点を作らないためには

気密層は連続していることが

基本となります!

梁・桁のサイズに

後に施工する気密シートとの

重ねる部分を足した長さに

気密シートをカットして

施工を行っていきます!

仕口になる場所も型に合わせて

シートを加工し、テープ処理をして

しっかりと気密層を作ります!

金具にはめ込むときは

シートが破れないように

大工さんや職人さんが

慎重に施工してくださいます!

 

その技術によって

高性能住宅が築き上げられています!

 

いつもありがとうございます!


上棟の休憩等では、

お施主様の温かい心遣いをいただきました。

お弁当だけでなく、手作りのお味噌汁も!

お帰りの際には

手土産品もいただきました!

 

心遣い誠にありがとうございます。

 

改めまして、Y様

上棟おめでとうございます!

遠方にお住いの中

現場に駆けつけていただき

ありがとうございました!

これから大工さんをはじめ

様々な職人さんの手によって

快適な家が築かれていきます!

 

これからもよろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月07日現場レポート| 投稿者:やまもとようじやまもとようじ

実習生かがわの体験レポートNo.13

11月7日。

本日は定例ミーティングで実習生かがわが課題「平和につながるエコハウス」を発表しました。

なお、ミーティングルームはこんな感じです。↓

一か月弱、アーキテクト工房Pureで習得したことを報告します。

まず、私はエコハウスとはStylish、Smooth、Smartの三つのSだと思うのです。

Stylish。これは私にとっては正直意表を突かれました。

なので、「エコはおしゃれを我慢しない」。

そしてSmooth、Smartが続きます。

このSmartの部分(特に遮断)が構造見学会でお目にかかる内容です。

そして太陽光の利用について。

WEBを参照しましたが、社長に多くコメントいただいたのもこのページ。

暖房と冷房で冷房のほうがエネルギー使ってそうですが、実は冷房3%、暖房22%。

冷房は30度の外気を28度に冷やす(多くいってもせいぜい5度の差)のにくらべ、

暖房は0度の外気を20度に温める(20度上げる必要)。そういわれると確かに!

結論としてはエコハウスは住宅で快適さを追求しつつ、最小限のエネルギーしか

利用しない健康な生活を提供するため、エコハウスが普及すれば無駄なエネルギー利用が減り、

原子力発電所の稼働をしなくてもよくなる。そこで平和な世の中になるよとくくりました。

これを一例として省エネ活動は平和につながるのかをその場の全員で議論しました。

なかなか深い打合せタイムでした。

 

 

2019年11月07日現場レポート| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure

実習生かがわの体験レポートNo.12

即席 三匹の子豚ー現代版ー

先日ふれた「三匹の子豚」ですが、なんとなく話ができてしまいました。

ーーー

過酷な現代社会に生きる三匹の子豚は癒しを住宅に求めることにしました。

一人目の子豚かんちゃんは家には換気が重要と思い、日本古来の木造住宅を建てました。

が、最近の外気温は異常レベル。夏は異常に暑く、冬も異常に寒い。

自然の利用があまりうまくいきません。

 

二匹目の子豚みっちゃんは気密を高くして技術でなんとかすればいいと考え、

鉄筋コンクリートの家を建てました。

でも家の中を快適にするのに電気代高いなあ。

なんか息苦しいなあ。

 

二人をみていた三番目の子豚だんちゃんは

家をそうしょっちゅう建てるわけにはいかないから、満足のいくおうちを

たてようと思いました。だいたい、最近の地球の環境は異常すぎる。

エアコンの利用は必須。空気清浄機はほしい。

だけど、無駄にエネルギーを使わない。そんな感じにできるかな?

 

研究して、換気と気密と断熱のバランスをうまくとることが重要だと思いました。

できたおうちはかんちゃんもみっちゃんもうらやましがる高性能住宅。

不自然に温度の高い場所がなく、病院いらずになりました。

お互いのコミュニケーションの取りやすい吹き抜けのあるだんちゃんのおうちに

かんちゃんもみっちゃんもいついてしまい、3匹はいつまでも仲良く暮らしたのでした。

 

 

 

2019年11月05日現場レポート| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure

新人現場監督やまもとの現場日誌 No.33
志津川の家Ⅲ 気密測定

今回は

志津川の家Ⅲ 気密測定」に

ついて書いていこうと思います!

 

 

先日、構造見学会が行われた現場にて

気密測定が実施されました!

 

今回、お施主様が遠方にご住まいのため

立会いが困難とのことなので

動画撮影をしながらの測定となります!

測定機器を設置して

いざ測定開始です!

始めは減圧法という方法で測定を行います!

(減圧法:室内の空気を強制的に外に出して、お家の隙間から外の空気が入ってくるようにして測定する方法)

 

緊張の一回目の測定・・・・・

結果は測定不能。

 

測定士さん曰く

隙間がないので

機械の中で空気が循環しているだけ

とのこと・・・・

 

なんとか

測定士さんのご尽力で結果がでました!

 

減圧法の結果は・・・・・

総相当隙間面積が9㎝²

C値と呼ばれる相当隙間面積は・・・・0.074㎝²/m²


続いて

加圧法による測定になります!

(加圧法:減圧法と逆で、外から強制的に空気を入れて、お家の中の空気を隙間から出すようにする測定方法)

加圧法でも、お家の隙間がないので

空気が中に入らず、機械の中を循環しているので

数値がうまく出ません・・・・

 

それでもなんとか

測定してくださいました!

 

加圧法の結果は・・・・・

総相当隙間面積が20㎝²

C値と呼ばれる相当隙間面積は・・・・0.16㎝²/m²


今回学んだのは、窓の種類によってC値は変わるということ!

今回の志津川の家Ⅲでは外開きの窓が採用されています!

 

加圧法では、お家の中の空気が外に出ていこうとします。

そのため窓の開く方向と同じ方向に空気が動こうとするので

C値が変動する可能性が高くなるとのこと!

 

 

気密測定の結果としては、

2つの測定の平均値となるので

相当隙間面積(C値)は0.12㎝²/m²

志津川の家Ⅲには、14.3㎝²mの隙間しかありません!

手のひらと比べるとこのような大きさに!

(白の□が隙間の大きさになります。)

 

大工さんや職人さんがしっかりとした

施工を行っていただいているおかげで

今回もいい結果となりました!

 

ありがとうございます!

そしてこれからもよろしくお願い致します!

 

 

 

2019年11月02日現場レポート| 投稿者:やまもとようじやまもとようじ

実習生かがわの体験レポートNo.11

11/2、今日はすこし突っ込んだ話をしてみましょう。

アーキテクト工房Pureのつくったおうちでは木材の結合部は下記の写真のようになっています。

 

すこし切れ目が入っていて、上部にピンが見えるつくり。

これは金物工法(ピン工法)といいます。在来工法とつくりを比較してみましょう。

金物工法のいいところは木材の接合する部分の削り取る体積が少ないので1.5~1.8倍強度が増すところです。また加工時のゴミが少ないのも地球にやさしいですね。

悪いところを少し調べてみたのですが、現時点では費用が在来工法よりかかるという以外ははっきりとしていないようです。

理論的に地震や火災に強い工法でかつ、天井の柱を吹き抜けで見せる際に在来工法でみられる補強の金物が見えず美しい仕上がりになる金物工法、わざあり、ですね。

2019年11月02日現場レポート| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure

実習生かがわの体験レポートNo.10

アーキテクト工房Pureにお邪魔してはや半月がたち、私の脳内では絵本「三匹の子豚ー現代版」ができています。あの、3匹の子豚の兄弟がいろんな材料で家をたて、狼に食べられないのは。。という話ですが、私の三番目の子豚は今、この子になっています。↓

三番目の子豚は ロックウールと、トリプルガラス、断熱材を使ってパッシブハウスを建てました。

 

現代社会の過酷な天候も何のその、おうちの中は快適なのでした。

なぜこんなのが頭をよぎるかというと、今日は構造見学会のお宅が気密測定の日でした。

装置をつけて、測定。

ただ、家の性能がとてもよく、入ってくる隙間風がないよ!ってことになっていました。

部屋の中の温度をみてみるとこんな感じです。↓

11月になったのですが、大工さんは中で半そでで作業されています。

 

2019年11月01日現場レポート| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure

実習生かがわの体験レポートNo.9

基礎現場です。

ここにもしっかり、断熱材が入っていますよ!↓

「断熱対策死角なし」です。だから、エアコン一台で家全体が快適な温度に保たれるんですね。

2019年10月31日現場レポート| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索

お問い合わせ・資料請求