会社概要
COMPANY OVERVIEW

  • ホーム
  • 会社案内
  • 会社概要

代表挨拶

有限会社アーキテクト工房Pure 代表取締役 高岡 文紀

代表取締役 高岡 文紀
Takaoka Fuminori

未来の子供たちへつないでいく家づくり

有限会社アーキテクト工房Pure 代表取締役 高岡 文紀 私が、松山で建築業を営んでいる理由は大きくは二つあります。
一つ目は、私が建ててきたお家の面倒を見るためです。残念ながら私が以前勤めていた会社は無くなってしまいました。携わらせていただいたお客様のことを思い、迷わず会社を設立しました。
 
私が建てさせてもらった建物は、一番よく分かっていますし、自分でアフターフォローをしたいと思っています。私を信用して家を任せていただけたのですから。
 
もう一つは、「好きだから」「楽しいから」いうことです。私は建築が好きです。お客様との出会い~設計~現場~お引き渡し~アフターフォローのプロセスが楽しいと感じています。お客様に喜んでいただいたり、感動していただいたりするのは本当に嬉しく思います。

経 歴
昭和 54年
T建設入社 建築工事業に技術者として従事
昭和 57年
M建設入社 建築工事業に技術者として従事
平成 元年
M建設取締役 建築工事業の経営管理業務に従事
平成 15年
有限会社アーキテクト工房Pure 代表取締役
アンビエントホーム加盟・卒業
平成 26年
House de Organic 代表理事

会社概要・アクセス

有限会社アーキテクト工房Pure 外観
会社名
有限会社アーキテクト工房Pure
設立
平成15年10月1日
資本金
5,000,000円
所在地
〒791-0243 愛媛県松山市平井町甲3-1
事業内容
一般注文住宅、リフォーム
Tel・Fax
089-976-3600 / 089-976-3138
E-mail
asp@studiopure.jp

SDGs
(持続可能な開発目標)への取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

3.すべての人に健康と福祉を
3.すべての人に健康と福祉を
  • 住宅内は温度差が限りなく少ない

    ヒートショックを起こしにくくなる寒暖差がないことで体への負担が減り、 健康体にしかし、健康は住宅だけは保てない。食が重要になってくる。

  • 住宅内は温度差が限りなく少ない

    呼吸する自然素材(特に木材からは、フィトンチッドなどの身に良い物質が)

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • パッシブデザイン

    太陽に対して素直に住宅づくりを(南面に大開口を、太陽熱を無駄にせず利用する)

  • エネルギーシフト

    無駄なエネルギーを使わなければ、本当にエネルギーを必要としている人にシフトすることができる

11.住み続けられるまちづくりを
11.住み続けられるまちづくりを
  • 高性能住宅

    資産価値が高い住宅に、世代や家主が変っても住み続けられる住宅に

  • 住み続けられる住宅づくりから

    住宅づくりから始まるまちづくり
    そもそも住宅が無ければまちはできない

  • 周囲の手本となる住宅

    ASPだけでは、まちづくりはできない
    しかし、周囲がASPを手本にして高性能住宅を造り出していけばまちづくりに繋がっていく。

12.つくる責任 つかう責任
12.つくる責任 つかう責任
  • つくる責任

    長く住み続けられる住宅を造りだす
    自然素材を使った心身の健康に良いものをメンテナンスしやすいつくりを

  • つかう責任

    メンテナンスを行う
    住宅を長く保たせるにはメンテナンスが不可欠
    住宅をつかう人がメンテナンスを率先して行えるように

13.気候変動に具体的対策を
13.気候変動に具体的対策を
  • 高性能住宅

    一次エネルギーが少ない
    住み始めてから使用するエネルギーも少なくてすむエネルギーの有効活用によって 無駄なエネルギーを使わない
    → 地球温暖化防止につながっていく

お問い合わせ・資料請求