スタッフブログ
STAFF BLOG

資格取得までの道のりは険しいのか。

現場監督やまもとの現場日誌 No.32

 

今年は終了している

一級建築士の学科試験。

 

建築関係の資格では、

合格率は約10%ほどの

難易度が高い資格になっています。

しかし、

資格を取得することで

建築物に関する

設計・施工管理の制限がなくなるため

それだけ重要な資格でもあるということに。

 

そこで、来年に向けて

資格取得のために勉強を始めようと考え

教材を購入したのはいいものの

勉強する範囲の広さに驚き。

 

一級建築士の試験は

・学科試験

・設計製図試験

の2つに分けられます。

 

今から勉強を始めようと考えているのは

学科試験について。

 

その前にどういった試験内容なのか

試験全体の把握から始めました。

学科は

1~5つに分けられていて

1.計画 20問

2.環境・設備 20問

3.法規 30問

4.構造 30問

5.施工 25問

 

計125問を

6時間45分で回答していきます。

 

いくつかの資格試験をこれまで受けてきましたが

問題数と試験時間の長さに驚きました。

おそらくこの時間でも足りないくらいの

試験内容になっているのではないかと・・・

 

おそるおそる

教材を開くと

試験と同じ順番で教材も構成されています。

 

まず、はじめ『計画』。

この一単元でも複数の章に分かれており

1.職業倫理・設計手法

2.居住設備(独立住宅)

3.居住施設(集合住宅)

4.社会教育施設(コミュニティ施設)

5.商業施設(事務所建築)

6.細部計画(人間工学・共用施設)

7.細部計画(ユニバーサルデザイン)

 

さらに章ごとにも

2~8つの項目に細分化されていました。

 

これは、なかなか道のりが険しい予感が💦

1年前からでも遅いと思えるくらいの試験範囲。

これから少しづつコツコツと積み上げていこうと思います!

2020年07月30日現場監督やまもとの現場日誌| 投稿者:やまもとようじやまもとようじ
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ内検索

お問い合わせ・資料請求