スタッフブログ
STAFF BLOG

我が家は『我慢の省エネルギー』

ここ数日で、

急に冷え込んできており

本格的に冬に突入していきそうな時期になってきました。🥶

外が寒くなる分

帰った時にお家が温かいと

とても快適に感じられる季節ですね。😊

 

温かさを得るには

主に暖房設備を使うことになります。

 

多くの方が

『光熱費を安くしたい』思っているのではないでしょうか。

 

お家の節電方法には

『我慢の省エネルギー』

『我慢しなくていい省エネルギー』があります。

 

『我慢の省エネルギー』とは・・・

光熱費を節約するために

その名の通り、暖房や冷房、照明などを

使用しないもしくは必要最低限に暮らせる状態にすることです。

当たり前のことですが

光熱費を使う設備をつかわなければ

その費用が掛かることはありません。

 

我慢してお家の『快適さ』よりも『見かけのお金』を優先した

省エネルギー手法になります。

 

『我慢しなくてもいい省エネルギー』とは・・・

高断熱・高気密、パッシブデザインなどがもたらす

お家の性能や自然エネルギーをうまく使うことで

少ないエネルギーで快適さを保つことができる手法です。

 

暖房や冷房設備が補助的役割になり

室内環境を作り出すのが

太陽や風などの『自然エネルギー』や人自身になります。

 

 

 

我が家は『我慢の省エネルギー』をしています。

寒くなっても基本的に衣服でコントロールしようとします。

また実家での習慣もありますが、

冬場にエアコンはほとんど使わず

どうしても寒かったら

ストーブなどの局所的に温めるものしか使っていませんでした。

そのため、冬になると

朝を向かえるのが億劫で

布団から出るまでに時間がかかってしまいます😅

 

当時からこの時間が無駄だと思いつつ

体は思うように動いてくれないジレンマを感じつつ

寒くない家に住みたいなと思いながら過ごしていました。

 

我慢する分、光熱費はもちろん安くなります。

しかしメリットはそれだけだと思います。

デメリットとして

健康面には大丈夫なのかといったところや

時間の無駄な浪費や行動範囲が狭くなるなど

挙げればきりがありません。

 

では、光熱費が少なくすみ

お家の快適さを保てるならそれに越したことはないのはないでしょうか。😊

 

それを実現しているのが

高性能住宅やパッシブハウスといった

お家の性能に特化した住宅になります。

 

今年最後の見学会でもあった

『さくら団地の家』では

外気温が一桁にもなるなか

室内の温度は20℃を下回ることがありませんでした。

ほぼ無暖房でそれを実現していることに

改めて『我慢しなくていい省エネルギー』に

感動を覚えました。😲

 

いつか自分もそんな家に住みたいと思いつつ

今日も我慢の省エネをしながら勉強中です😅

 

2020年11月30日まじめな話| 投稿者:やまもとようじやまもとようじ
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

ブログ内検索

お問い合わせ・資料請求