スタッフブログ
STAFF BLOG

実家から送られてきた栗の写真

新人"めぐみ” の成長日誌~~79日目~~

 

 

 

 

今日は、少し違った話題を‥‥

 

8月も終わるころ、

こんな写真が実家の母から送られてきました。

 

 

 

栗山でのイガ付き栗です。

 

 

元々、私の父方の両親が

米やみかんなどのちょっとした農業を営んでいるので、

私の父は副業として行っているうちの一つに

栗も含まれています。

 

この写真を見た時は、

思わず

「きれいな栗だな~」

と声に出てしまいました。

 

 

 

思い返せば‥‥

この栗はお赤飯として

お正月やお盆、

何かのお祝い事などで

祖父母の家で出てきたり

はたまた祖父母の家と実家との距離が近いので

祖母が届けてくれたり‥、

たくさんお世話になっています。

 

少し甘めに味付けされた、

おばあちゃん特製の栗がいっぱい入ったお赤飯。

ひとり暮らししてからは

それを食べる機会が格段に減ってしまったので

なんだか恋しい気持ちになりました(;・∀・)

 

 

 

そう、ふと考えてみると、

実家にいた時の記憶も少しよみがえってきました。

 

 

小学生の頃、

5人家族全員で

居間でひとつのお皿を突っついて食べた晩御飯。

 

ひとり暮らししてからなおさら、

「みんなで食べるご飯は、

ひとりで食べるよりも何百倍もおいしい!」

 

こう感じます。

 

味の変化によるものでもあるのかもしれませんが、

格段に誰かと食べる方がおいしいと

一個人の意見ですが、私は思います。

 

 

 

 

これが、お家づくりにおいても関係してくるのか否かではありますが、

私個人の意見としては、

 

「家に帰りたくなるような家」

「家族のあたたかみを感じられる家」

「暮らしていて、幸せを感じることのできるお家」

 

といったことが

「家をつくる」

ということに関係してくるのではないかと感じます。

 

 

現代社会において家族の在り方はさまざまですが、

「家族団らん」

という言葉は

同じ場所で、同じ時間に食べるのに

違うご飯をご飯を食べることが多くなりつつある今でこそ、

再認識してほしいものだと思います。

 

 

 

最初の栗の話から話が違う方向に行ってしまった気もしますが‥‥

 

「家族団らんは大事!」

ということを伝えたかったので、

お話させていただきました(^^)v

 

あたたかい家庭、

あたたかいご飯、

あたたかいお家

 

これらをそろえるためにも、

快適なお家づくりが大切だと感じます。(^^♪

 

 


〜イベント情報〜

 

伊予市  下三谷の家

9/26(土)、 9/27(日)

【絶賛受付中です!是非、快適を素肌で。】

 

2020年09月12日新人"めぐみ” の成長日誌| 投稿者:kirakira
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

ブログ内検索

お問い合わせ・資料請求