スタッフブログ
STAFF BLOG

エネルギーのこれから

※※このブログは、新建新聞社さんの

あたらしい家づくりの教科書

参考にして書いています。※※


 

 

 

 

新人"めぐみ” の新しい家づくり

30年先のエネルギーはどうなる?

いまから30年先、2050年の

エネルギーの未来はどうなるでしょうか?

 

現在の主力なエネルギー源は

石油や石炭などの化石燃料になっています。

統計によれば、

産業革命以降のここ100年程

地球上にある化石燃料の過半数を使用してしまったそうです。

ポジティブに考えると

まだ半分残っているということになりますが、

そんな残っている半分は

海底7000m掘り下げた場所や

頻繁に内紛がある場所で

戦争等で治安の不安定な地域などに残っていると言います。

そのため残っているのは採りにくいところが多く、

採れば採るほど難易度が高くなり、

使い続けるということは

手間とコストがかかってしまうそうです。

 

また、2019年1月の確認埋蔵量

原油換算で78億9,730万バレルとなり、

2018年と比べて6.9%減少したそうです。

(バレル(barrel)とは、英語で「樽」という意味で、

原油の単位として使われています。

1バレルが1樽。約159リットル)

推定埋蔵量と予想埋蔵量まで含めた

総可採埋蔵量でみると251億610万バレルとなり、

1.4%の減少となっていると言います。

確認埋蔵量の内訳は、

2018年と比べて

原油が6.2%

天然ガスが3.7%減だったそうです。

それ以前の推移を見ても、

全体的に減ってきていることが読み取れるかと思います。

日本貿易復興機構(ジェトロ)HPより

 

ただ、エネルギーは誰かが徹底した管理をしている以上は

なくなるということは考えられにくいと言います。

よく統計上では

「原油はあと40年」

という風に言われているそうですが、

10年前も「あと40年」だったそう。

その理由としては、

減れば減るほど採掘コストが上がって、

値上がった分だけ新たに掘ることの場所が増えて

単価が上がると需要が絞られるからだそうです。

そのためこの「あと40年」という数字は、

「今とあまり変わりない価格で

あと何年海外から原油を買えるのか?」

という目安の年数とも言えるそうです。

 

 

もしアジアの国がすべて先進国になったら

次に、需要側の事情を考えます。

例えば、「自動車の保有台数」

代表的な先進国の豊かさの尺度に

「自動車の保有台数0.5台

というものがあります。

アメリカでもイギリスでもドイツでも日本でも、

大体2人に1台ぐらい

自動車を持っていると言います。

先進国のひとつの象徴とも言えるでしょう。

一方で、近年著しい経済発展が印象的な

中国やインドの人口は25億人ほどと言われていますが、

現状は20人~100人に1台しか車を持っていないそうです。

特にインドは

電車に乗る人数が多く、

中がもうぎゅうぎゅう詰めで

乗れなければ

電車の車体の上にまで登っているのが印象的だと思います。

もし、そんな方たちも車に乗るようになったら、

新たに10億台以上の車が必要になるそうです。

現在世界全体では約9億台の自動車があると言われているので、

その数を超すことになります。

 

 

 

エネルギーは減るほどに採掘コストが上がっていきます。

もし、使う人たちが今の倍以上に増えた時、

ガソリン1リットルあたり何円で買えるでしょうか?

数年前でも一時期100円を切る時がありましたよね。

「あの時は安かった。」

と話している方もいるのではないかと思います。

エネルギーの需要が高まりつつある現在、

エネルギーの価格はこれからも上昇すると考えられます。

例として自動車を挙げましたが、

電気などのエネルギーを使うお家にも

関係してくるものです。

次回はお家のエネルギー問題にも

ピックアップしていきたいと思います。

 

 

 

 


新建新聞社さんの

「あたらしい家づくりの教科書」の本のご購入はこちら

2020年06月27日新人"めぐみ” の新しい家づくり| 投稿者:kirakira
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ブログ内検索

お問い合わせ・資料請求