スタッフブログ
STAFF BLOG

工場見学弾丸ツアーin岡山|その②真庭バイオマス発電所

~新人現場監督やまもとの現場日誌 No.45~

 

今回、金子さんに引き続き

先日の工場見学について書いていこうと思います!

 

 

 

午前中に見学させていただいたJFEさんを後にして、

次に向かった先は、真庭バイオマス発電所

再生可能エネルギーの一つ

バイオマス※発電

 

※バイオマスとは・・・・

生物資源(bio)の量(mass)を表すもので

再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもののこと。

(九州農政局ー農林水産省より抜粋)

バイオマスは、再生可能な資源である。

 

発電の仕組みは

火力発電と似ており、

ものを燃やして、水を熱して

発生した蒸気によってタービンを回して発電。

 

その燃やすもの、原料が

火力発電の場合は、石炭やガスといった化石燃料

バイオマス発電の場合は、木材や穀物、廃棄物などを

利用して発電を行います!

日本における再生エネルギーによる発電の割合は、

全体の約15%・・・・・

そのなかのバイオマス発電の割合は、約2.1%ほど

 

数少ないバイオマス発電所を見学できる

貴重な機会となりました!


真庭バイオマス発電所の発電能力は

10,000kW

一般住宅で2万2000世帯分の電気を作り出しているそうです。

この数は、一般住宅であれば

真庭市全域を賄える規模とのこと!

(真庭市の総世帯:約1万8000世帯)

工場内を要所要所

見学していきます。

下の写真は、

バイオマス発電によって発生した廃棄物。

 

木の灰の集積場です。

 

燃焼するといってもやはり廃棄物は出てしまいます。

約1/3の灰は、道路に使用するアスファルトに混ぜて

再利用をしているそうです。

しかし約2/3は現状、産業廃棄物として処理されるそう。

廃棄物の処理が課題の1つ。

 

 

バイオマス発電の大きな課題として

「安定した資源供給」がありますが、

 

ここの発電所では、森林組合や製材所などで

協議会をつくっており、地域に根差した供給先を確保。

 

さらに近くに間伐材(未利用材)を得られる土地もあり、

そこでは木をチップにする工場も建築されており、

一般の方の廃棄物を受け入れる体制を整えて

資源の安定化を実現されていました!

真庭バイオマス発電所の職員さん

お忙しい中、案内していただきありがとうございます。

 

次の見学先は、

上の写真の奥に見える銘建工業CLT工場へ!

2019年12月22日現場監督やまもとの現場日誌| 投稿者:やまもとようじやまもとようじ
2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ内検索

お問い合わせ・資料請求