スタッフブログ
STAFF BLOG
2020年3月

一人一人に合わせるコミュニケーション

新人現場監督やまもとの現場日誌 No.57

 

本日、ブランディング会議が

行われ、今回の議題として

「コミュニケーションのタイプ」に

ついて学びました!

 

 

コミュニケーションを取るうえでも

血液型のように大きく分けて

4つのタイプに分かれるそうです。

 

「感情表出」と「自己主張」という

2つの主軸の元

コミュニケーションの特徴を

4つに分けるという考え方です。

 

※「感情表出」・・・自分の感じたこと、感情を表現すること

 

※「自己主張」・・・自分の意見、考え、欲求を伝えること

 

4つのタイプが以下になります!

コントローラー

威圧的かつ自分の思い通りに進めようとすることを好む

プロモーター

楽観主観的で、他所と活気あることをすることを好む

アナライザー

行動よりも分析を重視し、分析や計画することを好む

サポーター

周囲との協調性を重んじて、他者を援助することを好む

まずは、タイプごとの特徴を把握すること

 

いわば、コミュニケーションする相手が大まかでもいいので、どのタイプに属するかで知り、アプローチの仕方を考えなければなりません。

 

例としてですが、アナライザーのタイプの方は正確性を求む傾向があり、根拠をしっかりと示して順を追って話すことを好みます。

そういった相手に感情論や精神論、あいまいな個人的主観で話をしてしまうと、話が全く入ってこず不信感にも繋がりかねないという結果に。

 

感情論や精神論が響くのは、プロモータータイプの人になります。

そのため図で対極に位置するタイプは相反する関係なので、コミュニケーションの仕方は特に注意が必要とされています。

 

 

そして、次に自分のタイプを把握すること。

自分のコミュニケーションタイプを把握し、相手の立場になって考えてコミュニケーションをとることが大切です。

協調性を好むサポータータイプの人が同じタイプの人と会話をすることには、深く考えずとも素に近い状態で会話が取りやすいとされています。しかし、対極するコントローラータイプの人との会話となると相手への話し方、考え方などをくみ取ることが自分の中にはないものなので、対応しにくくなります。

 

これらはあくまで

コミュニケーションをするうえでの1つの切り口なので

これが正しいとか、タイプによって優越などは

ありません。

 

1つの指標として

相手に合わせたコミュニケーションの考え方なので、

参考にはしていきますが、鵜呑みにはせず

自分なりにコミュニケーションを

築き上げることが大切なようです。

2020年03月05日新人現場監督やまもとの現場日誌| 投稿者:やまもとようじやまもとようじ
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ内検索

お問い合わせ・資料請求