スタッフブログ
STAFF BLOG

2019年10月

「国際パッシブハウス・オープンデー2019」大間の家も参加いたします

そろそろ紅葉も始まる季節となり事務所のもみじも色ずき始めています

キャンプでは焚火の良い季節となっております(^^♪

 

 

今年もやってきました

 

『国際パッシブハウス・オープンデー2019』

 

世界各国のパッシブハウス・パッシブハウスレベルの建物が一同に見学会を行います

松前パッシブハウス『大間の家』その中の1軒として参加いたします


『大間の家』は今年で3年連続の参加となります

ドイツのパッシブハウス研究所のHPにも掲載されていますので見てみてください

 

 

 

私もPassive House Japanの視察ツアーでは

『国際パッシブハウス・オープンデー』での時にドイツでパッシブハウスを視察しましたね

パッシブハウスと初めて出会ったのが2009年そこから早くも10年もたったのですね

そしてアーキテクト工房Pure事務所が完成したのが2012年当時の日本にはパッシブハウスも

数棟しかたっていませんでしたが、今ではパッシブハウス性能を持っている建物を含めると

ものすごい数の高性能住宅が建ってきています

今まではドイツ・オーストリアまでいかないとパッシブハウスを視察することができなかったのが

日本で認定申請中含むとたくさんのパッシブハウスが見ることができるようになりました

なんといっても世界中のパッシブハウスが一同に公開されるなんてすごい世界イベントですね

このイベントに参加できる資格を持っているだけでも誇りに思わないといけないですね(^^♪

 

 

 

さて、10月も半ばに入り朝方だいぶ外気温が下がるようになりました

10月16日の大間の家での室温です

外気温は11.4℃まで下がっていたのですがリビングの温度は23.9℃


トイレ・洗面所も23.4℃~23.9℃とほとんど同じ温度

高性能な建物の性能を発揮できる季節になりましたが

『国際パッシブハウス・オープンデー2019』が開催される11月8日~10日の期間では

四国の方はまだ日中の気温が低くなっていないため高性能を体感をしていただくのには

まだ早いかもしれませんが関東より北でのオープンハウスでは体感できるかもしれませんので

是非、そのエリアでの見学に参加される方は高性能な建物の良さを体感してください

 

 

日本に建っているパッシブハウスもドイツに建ってるパッシブハウスも

外の温度は違っていても例えば冬場に全室内を20℃にする為にかかるエネルギーは

同じ面積の建物だったら同じになるのです

違うのは地域によって断熱材の厚さだったり窓・24時間換気の仕様などは違いますが

どの国で建てても北海道に建てても四国に建てても同じ室内環境にするのに

必要なエネルギーが一緒っていいです良いね

地球環境にも優しい建物ですし

一番はそこに住まう人が世界各国同じ環境で生活できる事ではないかと思います

こんな素晴らしい建物がどんどん増えていかないと地球温暖化はどんどん進んで

自然災害も増えていくしでは困りますよね!!

 

 

 

これから高性能な建物を造らなくては考えておられる

工務店・設計事務所の方も同業者の建物だからなどと考えずにどんどん

『国際パッシブハウス・オープンデー2019』に申し込んでください

みんなでお待ちしております(^^♪

お申し込みはこちらより

2019年10月18日まじめな話| 投稿者:高岡高岡

お打合せ☆

先日のお打合せ風景

 

まずは午前中 『プラン提示』のお客様。

図面だけでもドキドキしますが 模型を目にすると

さらにイメージもしやすく  テンションが上がりますね!

 

「わーーっ♡ すごーい!」(*^_^*) と笑顔で模型を手に取られていました。

 

この真っ白なこのお家から

どんな色に どの素材にしようかな。と

イメージも膨らみます^^

 

 

そして 高岡先生から図面とあわせてのご説明。

お客様の熱い眼差しが 写真からも感じられませんか (*^_^*)

 

じっくりとご夫婦で案を練って お打合せにご参加くださるH様。

まだ始まったばかりですが これからのお打合せもよろしくお願いいたします♪

 


続いて午後は ご契約。

 

こちらW様。

初めて弊社見学会に来てくださってから 2年とちょっと。

ご希望エリアにやっと 良い土地が見つかり この度ご契約となりました。

ご契約時も終始 笑顔のお二人。

「久々に こんな二人で共同作業みたいな ☆☆(*^_^*)」と

照れ笑い?しながらの お二人がとっても印象的でした。素敵です♡

 

 

大人たちが談笑している中 お子様たちは

隣でびっくりするくらい静かに DVD鑑賞中でした(^_^)

 

W様邸は、明日地鎮祭となります。

頭の中のイメージから図面 そして図面から実物へ。

 

これから形となって見えてきます。W様。楽しみですね♪

今後ともよろしくお願いいたします(^_^)

 

 

2019年10月18日まじめな話| 投稿者:かねこかねこ

実習生かがわの体験レポートNo.3

18日は27日に予定している構造見学会のお宅の中を拝見しました。

インテリアコーディネーター資格受験で家の構造を勉強した後に初めて目にする柱やロックウールに感動です。

ロックウールとは断熱材でこの黄色いふわふわしたもの↓

ロックウールの切断には大きな三角定規と定規の合体したツールを利用し、まさに隙間のないよう

きっちり図って納めます。

 

ぜひ、構造見学会でご覧ください。

 

2019年10月18日現場レポート| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure

実習生かがわの体験レポートNo.2

打ち合わせに参加しました。

その時の写真でないのが残念ですが、プロジェクタでPCの画面を壁面に投影する際、窓の外で作動されたのが、

このブラインドです。ブラインドが外にある!窓の外にあるのが衝撃でした。

アーキテクト工房Pureの会議室の大きな窓をしっかりとカバーしました。

 

窓が大きい場合、日差しの対策をしっかりしないと室内に直射日光が入り、室温も上がってしまいます。

そこにこのブラインド。室内側もすっきりします。

今はまだお取り寄せになりますが、普及してほしいものです。

 

2019年10月18日現場レポート| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure

実習生かがわの体験レポートNo.1

皆さま、はじめまして。インテリアコーディネーター見習いの香川と申します。

約一か月ここアーキテクト工房Pureでの発見をお伝えしていきますね。

アーキテクト工房Pureにきて、最初の感動は「環境」です。

座った時に目線になる窓が部屋をぐるりと囲んでいます。

部屋の中には様々な観葉植物。造作でできたデスクは手触りがよく、書類はきれいに造作の棚に並んでいます。

 

「職場環境」。私は以前別の業界にいたのですが、案外ぞんざいにされがちです。

最悪、机と椅子とPCがあればいいというところでは「何かが違う」といつも心に引っかかっていました。

部屋の温度もむらがあり、空調の下では暑かったり、寒かったり。

暑い、寒いと訴えてもそのように体感しない場所にいる人には問題と思われず、洋服で何とかして勤務時間をおくります。もちろん作業効率はそんなに良くありません。

 

人と人との距離を適切にして、物をしまうスペースが適切にあって、窓の光が適度に入る。

部屋の温度もむらがなく適切に。整った環境は気持ちがよく、落ち着きます。

作業効率を上げるにはまずは環境から!環境に投資して損はありません!

 

 

2019年10月18日現場レポート| 投稿者:アーキテクト工房 Pureアーキテクト工房 Pure
2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索

お問い合わせ・資料請求