スタッフブログ
STAFF BLOG

「窓」の性能は家の性能に直結する

※※このブログは、新建新聞社さんの

あたらしい家づくりの教科書

参考にして書いています。※※


 

 

新人"めぐみ” の新しい家づくり

窓・壁・屋根・床などの熱の伝えにくさで断熱の性能が決まる

お家の断熱性能は、

「屋根・壁・床・土台・基礎などの内外に

どんな断熱材をどれぐらいの厚みで使うか?」

ということで決まります。

その比較によく使用されるのが「U値」(熱貫流率)です。

 

U値(熱貫流率)とは

熱の伝えやすさを表す数値です。

数値が小さければ小さいほど熱を伝えにくいので、

U値(熱貫流率)が小さいほど断熱性能が高くなります

屋根や外壁といった、お家を構成している部分は、

それらを越えて熱が伝わりやすいので

U値(熱貫流率)が大きくなります。

そのため、夏には外から多くの熱が入り込み、

冬にはそこから逃げていく熱の量が多くなります

また、U値(熱貫流率)には

部分ごとにバラつきがあるので、

各部位で出されたU値の平均

お家全体のU値として扱われます。

 

一般的な断熱材を使用した近年の新築住宅の場合、

壁のU値(熱貫流率)は東京などでは0.5W/(m2・K)程度が平均とされています。

しかし「健康で住み心地が良く省エネ効果も発揮できる性能」

として考えると十分ではありません。

健康・快適・省エネを実現する

「高性能なエコハウス」

と呼べるお家であれば、

地域にもよりますが

壁のU値(熱貫流率)は

0.2W/(m2・K)以下が目安となるので、

0.5W/(m2・K)程度では

「健康で住み心地が良く省エネ効果も発揮できる性能」

であると言えないのです。

 

窓のU値はどれくらい?

窓のU値(熱貫流率)はどれくらいなのでしょうか?

例えば東京で一般的なアルミサッシに複層ガラス(2枚ガラス)

を入れた窓は4.7W/(m2・K)程度になっていますが、

その数値は一般的なU値【0.5W/(m2・K)】の壁で比較すると10倍近く

高性能なエコハウスのU値【0.2W/(m2・K)】の壁で比較すると24倍近く

熱を通してしまうということになります。

そのため夏に窓から入ってくる熱量はお家全体の74%

冬に窓から逃げていく熱量はお家全体の52%を占めるのです。

 

下の表は、

一般的によく使われている窓の種類ごとのU値(熱貫流率)

一覧にしたものです。

U値(熱貫流率)が小さいほど高断熱の窓であることを意味します。

築15年以上のお家によく使われている

「アルミサッシ+1枚ガラス」

の窓でU値は6.5W/(m2・K)で、

現在の高性能窓としては、

「樹脂窓+LOW-Eトリプルガラス」

というものが出てきており、

0.9W/(m2・K)という数値まで高性能になっています。

このように窓は

サッシの素材とガラスの組み合わせで、

何倍も断熱性能が違ってくるのです。

 

 

窓は壁に空いた熱の穴。高性能な家には高性能の窓が基本

窓はWindowの語源「風の目・風の穴」

ではなく「熱の穴」であり、

それが低断熱であればお家にとっておおきな弱点になります。

しかし、逆を言えば

高断熱であれば大きな強みになるので、

窓の断熱性能はお家全体の断熱性能に

大きくかかわっているということが言えるのです。

 

さらに「穴」という意味では、

窓の基本性能の一つである

「気密性能」も不可欠です。

気密性能で悪い部分があれば、

そこから余計な冷たい空気や暑い外気が入り込みます

これでは室温も安定せず、

冷暖房のロスも大きくなります

また、開閉を行う窓は、

断熱だけでなく気密においてもお家の弱点になるので、

「高断熱・高気密」であることをもって

「高性能窓」と言えます。

新築でもリフォームでも高性能なエコハウスでも、

高性能窓を選択することが重要なのです。

 

 

方位によってガラスを使い分け

窓からは太陽の日射(熱)が取り込めます。

日射はとても大きなエネルギーを持っています。

冬にこの日射の熱を上手に使うことで

暖房エネルギーを小さくすることができます

 

しかし、高性能窓でなければ、

入ってくる以上の熱が逃げてしまいます。

かと言って、夏に日射が入り過ぎて暑くなると、

冷却負荷も大きくなるので困ります。

年間を通して

省エネと光熱費を考える場合、

これらをうまくバランスさせることが大切です。

 

また、窓ガラスには

日射をより取り込む「取得型」

遮る「遮蔽型」の2種類があります。

北面には遮蔽型

南面には取得型のガラスを使うと良いですが、

地域で分けるなら、宮城県より北の地域では東西面を取得側

福島県から滋賀県あたりまでは東西面を遮蔽型

中国・四国・九州地方では全方位を遮蔽型とするのがおすすめです。

このようにガラスを使い分けることで、

窓の断熱性能を効果的に発揮できるようになります。

 

さらに夏対策を行うには、

窓の外側にブラインドなどを設置すると良いです。

外付けブラインドともよく言われます。

このブラインドの上げ下げの動作で

日射を上手にコントロールできると、

夏は日射を防ぎながら

冬に日射を取り込生活が可能になります。

 

 

窓は暮らしと自然を共生させてくれる

便利な調整装置です。

使い方の工夫ひとつで

窓の性能は何倍にもアップするのです。

 

 

 


新建新聞社さんの

「あたらしい家づくりの教科書」の本のご購入はこちら

 

2020年05月23日新人"めぐみ” の新しい家づくり| 投稿者:kirakira
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ内検索

お問い合わせ・資料請求